w
  1. ホーム
  2.  > 製品紹介
  3.  > コンクリート:[硬化コンクリート]
  4.  > 電気泳動によるコンクリート中の塩化物イオンの実効拡散係数試験装置

コンクリート:[硬化コンクリート]電気泳動によるコンクリート中の塩化物イオンの実効拡散係数試験装置

MIC-187-1-03

[製品技術概要]

塩化物イオンを含む溶液と含まない溶液で挟まれたコンクリート供試体の両側に直流を印加すると,負電荷を持つ塩化物イオンはコンクリートの細孔中を通って陽極側へ電気泳動します。 この陽極側の塩化物イオン濃度の増加割合が一定に達したとき,細孔中の塩化物イオンは定常状態であるとし,その時の移動流束をもとに, 電気化学法則(Nernst-Planckの式)を適用して実効拡散係数を求めます。

本装置は、土木学会基準(案)JSCE-G 571-2003に準拠した試験を行う装置です。

仕 様

準拠規格 JSCE-G 571
構 成 ・電気泳動セル:3 式
・陰極用電極及び端子 (SUS 製):3 個
・陽極用電極及び端子 (チタン製):3 個
・DC 電源 電極への電圧印加用:3 台
・熱電対:6 本
・測定器ユニット (電圧・電流測定):1 台

関連商品

▲pagetop