1. ホーム
  2.  > 製品紹介
  3.  > 地盤:[力学試験]
  4.  > 圧密試験機

地盤:[力学試験]圧密試験機

MIS-232-1-03~

[製品技術概要]

供試体断面積 28.27 cm² に合わせ、レバー比を28.27 : 1 に設計していますので、 1 cm² あたりの負荷荷重と同一質量を持つ重錘の懸架ができ、応力計算が不要です。
かつ、通常の圧密試験機よりも懸架する重錘が小さくて済むため、作業が容易で、また、ハンガーに加わるショックも小さく、 供試体に与える影響もほとんどありません。
その他、操作性や耐久性などにも十分配慮した設計です。

標準タイプ(1255 kN / m²)と重量タイプ2種(2510 / 5020 kN / m²)の、3種の荷重タイプがあります。

特 長

●レバー比は28.27 : 1 で、応力が計算不要で、かつ重錘が小さくて済むため、作業が容易
●複棹レバー機構の自重が供試体に影響しないよう、上部にカウンターウェイト調整レバーあり
●操作・作業が全て全面のみで行える設計で、操作性がよく、設置場所も選ばない
●荷重載荷後、試験中にハンドル操作しても、沈下量測定用ダイヤルゲージは変化しない
●試料容器台が全面ハンドルで約20mm上昇するので、試料セット時の0点調整が簡単で、作業時間を短縮できる
●本体枠組みは剛性設計、試料容器台も補強によって永年使用によるヒズミがでない

仕 様

準拠規格 JIS A 1217 / JGS 0411
載荷方式 複棹型 定荷重レバー式: 28.27:1
最大圧密荷重 ・MIS-232-1-03 ~ 10 型(標準タイプ): 1255 kN / m² (12.8 kg / cm²)
・MIS-232-1-23 ~ 30 型(重量タイプ): 2510 kN / m² (25.6 kg / cm²)
・MIS-232-1-56 型(重量タイプ): 5020 kN / m² (51.2 kg / cm²)
供試体寸法 φ60 × H 20 mm
計 測 沈下量:ダイヤルゲージ 10 mm - 0.01 mm

機 種

型式 タイプ 連数 最大圧密荷重
MIS-232-1-03 標 準 3 連 1255 kN / m²
MIS-232-1-04 標 準 4 連 1255 kN / m²
MIS-232-1-05 標 準 5 連 1255 kN / m²
MIS-232-1-06 標 準 6 連 1255 kN / m²
MIS-232-1-10 標 準 10 連(両面10連) 1255 kN / m²
MIS-232-1-23 重 量 3 連 2510 kN / m²
MIS-232-1-24 重 量 4 連 2510 kN / m²
MIS-232-1-25 重 量 5 連 2510 kN / m²
MIS-232-1-26 重 量 6 連 2510 kN / m²
MIS-232-1-30 重 量 10 連(両面10連) 2510 kN / m²
MIS-232-1-56 重 量 5 連 5020 kN / m²

関連商品

▲pagetop